和漢めぐり茶

「食と健康フォーラム」参加!

奈良ピックルスが扱う「大和トウキ葉」や「大和橘」、「柿」は
奈良県漢方のメッカ推進協議会が推進する植物として、県や企業が
いろんな観点から研究、検証をし、私たち会員にもその情報を
余すことなく伝えてくださっています。

年に何度か協議会が開かれるのですが、
今回は県をあげての「食と健康フォーラム」という事で
桜井市にある奈良が誇る農業研究開発センターで開催!
奈良県荒井知事の挨拶に始まり近畿大学農学部 米谷教授の基調講演、
当帰や大和橘、柿、やまと甘なんばんに大阪ワインの発表と盛沢山でした。

 農業研究開発センター

 

平成24年から非医となり、食品利用が可能になった「大和トウキ葉」。
そのトウキ葉はカルシウム、食物繊維、ビタミンC、葉酸などが多いと
研究結果が出ています。※9月頃に収穫した大和トウキ葉で計測
食べるとぽかぽか、血行促進の効能も検証されています。
私たちが作るピクルスや和漢めぐり茶、大和ぽんずに使われています。

soumen01

フォーラムのお昼休憩で大和肉鶏の入った三輪素麺(乾燥当帰かけ)と
大和甘なんばんのスムージーを振舞っていただきました!
当帰の香りに包まれたにゅう麺の美味しさに甘なんばんの風味が鼻に抜ける
スムージー。奈良サイコー!

奈良県漢方のメッカ推進協議会の「大和当帰」ホームページに
和漢めぐり茶が掲載されました!
ホームページでは和漢めぐり茶だけでなく、大和当帰にまつわるあれこれや
大和トウキ葉を使った奈良の商品が紹介されています。
ぜひ覗いてください。
漢方のメッカ奈良の生薬 大和当帰の総合サイト